えムナウのプログラミングのページ

えムナウ の とどけもの

 Logo えムナウBlog@AILight
えムナウBlog@Wankuma

目次

利用状況

イメージ ギャラリー

カテゴリ

Links
 

inetaj

MSMVPロゴ
MSMVP Visual C# 2005/01-2007/12

目次

XMLファイル

サンプル6 親子構造のテーブルをXML出力する


親子構造のテーブルにリレーションを張ります。

製品テーブル
製品名
A
B
部品テーブル
製品名 部品名 型番
A A1 A1-01
A A2 A2-01
B B1 B1-01
B B2 B2-01

Connectionを作成します。
DataAdpterをテーブル毎に作成します。
DataAdpterからDataSetを作成するときは同じDataSetにします。
製品テーブルの製品名を部品テーブルの製品名にドラッグしてリレーションを貼ります。
以下のような図のxsdとなります。

以下のプログラムで親子構造のテーブルのXMLファイルが出来ます。

sqlDataAdapter1.Fill(dataSet1,"製品") ;
sqlDataAdapter2.Fill(dataSet1,"部品") ;
dataSet1.Relations[0].Nested = true ;
dataSet1.WriteXml(@"C:\製品部品.xml") ;

<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
<root xmlns="http://www.tempuri.org/DataSet1.xsd">
  <製品>
    <製品名>A         </製品名>
    <部品>
      <製品名>A         </製品名>
      <部品名>A1        </部品名>
      <型番>A1-01     </型番>
    </部品>
    <部品>
      <製品名>A         </製品名>
      <部品名>A2        </部品名>
      <型番>A2-01     </型番>
    </部品>
  </製品>
  <製品>
    <製品名>B         </製品名>
    <部品>
      <製品名>B         </製品名>
      <部品名>B1        </部品名>
      <型番>B1-01     </型番>
    </部品>
    <部品>
      <製品名>B         </製品名>
      <部品名>B2        </部品名>
      <型番>B2-01     </型番>
    </部品>
  </製品>
</root>
ここに本文を書きます。