えムナウのプログラミングのページ

えムナウ の とどけもの

 Logo えムナウBlog@AILight
えムナウBlog@Wankuma

目次

利用状況

イメージ ギャラリー

カテゴリ

Links
 

inetaj

MSMVPロゴ
MSMVP Visual C# 2005/01-2007/12

目次

データベース

サンプル1 アクセスのテーブルから型指定されたデータセットを作る


サーバーエクスプローラにアクセスのデータベースを接続します。
接続が無い場合は以下のようにします。
1)サーバーエクスプローラのデータ接続を右クリックし接続の追加を選びます。
2)プロバイダタブをクリックして、 Microsoft Jet 4.0 OLE DB Provider を選択して次へをクリックします。
3)データベースファイル(*.mdb)を選択して、OKをクリックします。

接続の「+」マークをクリックして階層を開いていき、テーブルをフォーム[デザイン]にドラッグします。
フォーム[デザイン]に OleDbConnection と、 OleDbDataAdapter が出来ます。
OleDbDataAdapter を選択してプロパティを表示し、データセットの作成をクリックします。
新規作成でデータセットを作成してください。
型指定されたデータセット(データセット名.xsd ファイル)が作成されました。

データセットはxsdファイルをダブルクリックすると開きます。
左はテーブルの項目名、右は「XMLデータ型」です。
データセット名.cs ファイルを開くと、さらにテーブルの項目名と「C# データ型」の対応がわかります。
Accessデータ型・XML データ型・C# データ型の対応を表にしておきます。

Accessデータ型 XML データ型 C# データ型
OLE_オブジェクト型 xs:base64Binary System.Byte[]
YesNo型OnOff xs:boolean bool
YesNo型TrueFalse xs:boolean bool
YesNo型YesNo xs:boolean bool
オートナンバーレプリケーション_ID型 xs:string System.Guid
オートナンバー長整数型 xs:int int
テキスト型 xs:string string
ハイパーリンク型 xs:string string
メモ型 xs:string string
数値型バイト型 xs:unsignedByte System.Byte
数値型レプリケーション_ID型 xs:string System.Guid
数値型十進型 xs:decimal System.Decimal
数値型整数型 xs:short short
数値型単精度浮動小数点型 xs:float System.Single
数値型長整数型 xs:int int
数値型倍精度浮動小数点型 xs:double System.Double
通貨型パーセント xs:decimal System.Decimal
通貨型ユーロ xs:decimal System.Decimal
通貨型固定 xs:decimal System.Decimal
通貨型指数 xs:decimal System.Decimal
通貨型通貨 xs:decimal System.Decimal
通貨型標準 xs:decimal System.Decimal
日付時刻型時刻L xs:dateTime System.DateTime
日付時刻型日付L xs:dateTime System.DateTime
日付時刻型日付標準 xs:dateTime System.DateTime